Kindle Oasisを買って技術書を読んでみた

Kindleが欲しくなった

とある技術書が欲しくなった。”Code Complete”というプログラミング関連の技術書だ。

ネットでの評判が良かったので本屋にいって実物を見てみたのだが、やはり予想していた通りとても大きい。

縦横も大きいが、特に厚みもあった。しかも上下2巻ある。

電車の中で読もうかと思っていたのだが、立ち読みにはつらいサイズである。

そこで私は、電子書籍の購入を検討し始めた。

Kindle の モデル選び

調べて始めて知ったのだが、どうやらKindle は複数のモデルがあるらしい。

タブレット端末としての比重が多い”Kindle Fire”は除外するとして、電子インクのKindleとなると3種類ほどあるようだ。(旧世代などを除いた数)。

無印の”Kindle”と、”Kindle Paperwhite “、そして最上級の”Kindle Oasis”である。

“Kindle”は安さが魅力的だが、サイズや解像度が低くバックライトがない。

となると”Kindle White Paper” と “Kindle Oasis” のどちらかだろう。

Paperwhite と Oasis

Oasisのほうが画面が一回りおおきく、 ベゼル(枠)がとても細い。ページめくりボタンがあるのもPaperwhiteにはない特徴だ。

細かい違いだが、これらの違いは使用感にかなり違いがでると思った。

それ以外の機能についてはさほど違いはない。どちらもバックライトがあり、完全防水だ。

ならばOasisにしようと思ったが、少し二の足を踏んだ。あまりに値段が違いすぎる。

Paperwhite は1万5000円ほど。Oasisは3万円ほど。

15000円の差が上記の差異に払えるかといわれると…私感ではギリギリである。

Paperwhiteの値段は納得できるが、 Oasisの強気の価格には少したじろいだ。

選ばれたのはOasisでした。

かなり悩んだがOasisにした。1万5000円の価値があると判断した。

容量と5G回線の有無はこれまた悩んだが、せっかくなのでどちらも一番良いものにを選んだ。

5G回線があると、WiFiの届かない場所でもしおりなどが同期できるのが便利らしい。 容量を大きくしたのはなんとなくである。

「広告あり」は確実にあとで後悔すると思ったので外した。

高くなってしまうが。ここは妥協すべきではないと思った。

これで大体4万5000円ほどである。高い。

開封してみた

後日、おしゃれな箱が届いた。

中身は説明書と充電ケーブル。そして本体。

サイズはだいたい文庫本サイズ。 予想していたよりは小さかったが、使ってみるとしっくりくる。

もともとの本が大きめのサイズなので、Kindleサイズでの扱いやすさを心配していたが、全然気にならない。

裏面は段差になっている。重心が偏っているため片手で持ちやすい。そしてとっても薄い。

使用感

よかったところ

快適

とても快適。外出先で良し。自宅で良し。お風呂で良し。

どこでも読めるって素晴らしい。

ページめくりボタンもつけて正解でした。片手で操作できる点がうれしい。

予想以上に画面が「紙」。

そして予想以上に「薄い」。びっくりするほど薄い。そして「軽い」

本が安い

今回買った”Code Complete”という本は上下巻があるのだが、電子書籍だと上下巻セットが売っていた。

電子書籍というだけでも割安になるのだが、上下巻セットがあるのは買うまで気が付かなかった。普通に買うより2割ほど安かったのでお得。

本体が高いので超お得というわけでもないけれど。

わるかったところ

冷たい。発熱するよりはいいのだが、冬場の外で金属質の板を持つのは結構指先が冷たくなる。

部屋の中でも暖房がないと冷たく感じるかもしれない。

ケースをつければ解決するかもしれないが、この薄さを犠牲にするのはもったいないと思った。

あと高い。

総評

値段以外は満足!

本を買う機会も増えそうだ。