MMD+blenderで動画を作る

初めてblenderとMMDを組み合わせて動画を作ったので、

その時調べたことやつまずいたところを書いていきたいと思います。

blenderでステージをモデリングする

とりあえずステージを作りました。

続きを読む MMD+blenderで動画を作る

blenderでのスフィアマップ

MMDではスフィアマップと呼ばれていますが、その他のソフトでは”MatCap”や”Lit Sphere”なんて呼ばれているようです。

このスフィアマップですが、blenderで使うにはひと工夫必要です。

スフィアマップの使い方

マテリアルノードで組みます。

基本的なノード構成

“SampleMap.png”は、ImageTextureのノードで、ここにスフィアマップを読み込んでいます。

TextureCordinateとVectorTransformで、法線とカメラの角度を取得し、Mappingで値の調整をしています。

出力されるColorやBSDFをさらにつなげることで、加算、乗算スフィアなどを表現できます。

加算スフィア

“Add Shader”でスフィアマップを後付けで加算します。

加算スフィア(MMD Like)

blenderのリアルさと混在させるのであれば上の設定となりますが、MMDらしくする場合はひと工夫必要です。

BaseColorを使わずに、別のところで色(テクスチャ)を指定して、”Emmission”で反映させています。

例では”Color Rump”を使って真っ赤にしていますが、画像のテクスチャを使用することも可能です。

ちなみに、”Add”と書いてあるノードは、”Mix RGB”というノードです。

乗算スフィア(MMD Like)


Mix RGB を”Add”から”Multiply”に変えるとMMDっぽい乗算スフィアとなります。

これでどちらもMMDとほぼ同じ見た目となります。

blenderを使ってまでMMDらしい見た目を作る場面はあまりないかもしれませんが、参考までに。