blenderの基本操作

blenderは、ほかのソフトと操作方法が異なり、慣れるまで非常に扱いづらいソフトでしたが、2.8で大幅に改善されました。

まず初めに、基本的な最低限の操作方法や、blenderの使い方を紹介します。

画面構成

blenderは、デフォルト(初期設定)では以下のような画面構成になっています。

情報

メニューやワークスペース、選択中のツールの設定などをここで行います。

上の画像では、”選択ツール”が選択されているので、選択ツールに関する設定を行うボタンが表示されています。

3Dビュー

3Dオブジェクトやカメラ、光源が表示される領域です。

アウトライナー

オブジェクトの一覧が、階層構造でここに表示されます。

オブジェクトとは、3Dモデルやカメラ、光源などのことです。

プロパティ

選択中のオブジェクトに関する設定をここで行います。

3Dオブジェクトなら、マテリアル(材質)、光源なら明るさなどをここから設定できます。

タイムライン

アニメーションで使うウィンドウです。

3Dビュー内の視点移動

ホイールボタン

3Dビューの視点を使うには、マウスのホイールボタンを使います。

中クリックでカーソルを動かすと、原点を中心に視点が回転します。(中心の変更方法は後述)

Shiftを押しながら 中クリックでカーソルを動かすと、視点が上下左右に移動します。

altを押しながら 中クリックでカーソルを動かすと、ズームができます。

テンキー

テンキーを使うことで、真上や真横からの視点に一括で変更できます。

7:真上8 :↑15 °回転 9:視点の反転
4:←15 °回転 5:投影方法の切り替え6 :→に15 °回転
1:正面2:↓15 °回転 3:右正面
0:カメラ視点

投影方法は”透視投影”と”並行投影”の2つです。

“透視投影”は、遠くにあるのが小さく見える見え方です。

“並行投影”は、距離にかかわらず物体が同じ大きさに見えます。

モード

blenderの3Dビューにはいくつかのモードがあります。

それぞれで編集できる対象やツールなどが異なります。

主に最初に使うことにになるのは、”Object Mode”と”Edit Mode”です。

モード重要な機能なので、詳しい説明は別ページに回します。

ワークスペース

“画面レイアウトのプリセット”という説明がわかりやすいかと思います。

blenderには様々なウィンドウがあり、それらを組み合わせて一つの画面レイアウトを構成します。

デフォルトでは”Layout” “Modeling” “Sculpting”など10個のワークスペースがタブとして並んでいます。

タブをクリックすることで、その画面レイアウトにすぐに移動できます。

一番右の”+”ボタンから、さらにワークスペースのプリセットを読み込めます。

“ツールシェルフ” と “プロパティシェルフ”

TキーとNキーがショートカットになっていることから、”Tメニュー”と”Nメニュー”とも呼ばれています。

ツールシェルフ

左側のシェルで、ショートカットは”T”です。

選択中のモードで使えるツール類が表示されます。

オブジェクトモードなら、移動や回転のツールが

エディットモードなら、押し出しやベベルといったツールが表示されます。

プロパティシェルフ

右側のシェルです、ショートカットは”N”です。

こちらもモードによって変化します。

選択中の頂点の座標を移動させたり、3Dカーソルの座標を数値指定したり、視点回転の中心を変えたりするのはこのシェルです。

取り消し(Undo)とやり直し(Redo)

[Ctrl+Z]で取り消し。

[Ctrl+Shif+Z]でやり直しです。

全選択と、全選択解除

[A]を押すと全選択になります。

[A]を2回素早く押すと、 全選択が解除となります。